【レポート】わくわく!コラボ教室~自分らしく生きるためには~

レポート

 いつもは人と森の生き生きをコンセプトに森林の中や、森林を感じられるような工夫をしながらオンライン上で対話をする私たち学生団体モリトハと

多様な子どもたちが自分らしく生きられる地域社会の構築を目指して現在はコミュニティ・スクールなどに関する研究や教育実践を精力的に展開している長野大学の早坂先生とコラボをしてイベントを行います。誰かの理想ではなくて、自分らしい生き方を模索した3夜のイベントを行いました!3夜のイベントは以下の通りです!!

14日(月曜)20:00-22:00

早坂先生の話題提供「対話と共感を通した自分らしい生き方」

3月18日(金曜)20:00-22:00

フィッシュボウルを通じて早坂先生の話題提供から感じた「問い」についてみんなで考えよう

3月22日(火曜)20:00-22:00

「自分らしく生きるためには?」についてみんなで対話して宣言を作ろう

3夜を通じて、zoomとgoogle jamboard「ワクワク!コラボ教室!焚き火会場」を用いて最初に焚き火の動画を見て森の音を聞きながら、対話をしました。1夜めで早坂先生の話題提供で、多様性、共感と対話、10個の対話の実践の鍵を教えていただきました。

1夜めの内容から1夜めと2夜めの間に気づきや問いをgoogle jamboardの方で以下のように集めて、2夜めのフィッシュボウルを行っていきました!

zoomでのフィッシュボウルになれていない部分もありましたが、以下のような流れで行っていきました!

対話に話すグループでは、「対話したくない人がいたらどうするんだろう」や「対話は楽しいことなのか、しんどいことなのか」など対話の根幹をつくような話がたくさん出てきて、自分らしさについて話すグループでは、身近な好きなものや食べ物などからも自分らしさは見えるのではないかなどといった話が出てきました!

3夜めは2夜めまでを通じて、「自分らしさ」についてワールドカフェ形式でお話しし、最後に、気づきについて一人一言いただきました!「自分らしさ」についてなりたい他者や居心地の良い場所の大切さから対話、対話から見える多様な側面についてのお話が出てきていました。

3夜を通じて、話す時間が短かったや対話についての理解については少し難しかった部分もありましたが全体的に「面白かった」や「ゆったりと楽しめました」といった感想を聞くことができました!イベントを通じて作っていたオープンチャットのコミュニティでイベントの前後にチャットで意見交換をしたり、対話をしたりしている様子を見ることができました。

参加してくださった方、本当にありがとうございました!またこのようなイベントを作って参りますので今後ともよろしくお願いいたします。

関連記事

特集記事

TOP