10/18(火)、10/20(木)対話の場づくり講座【連続講座】

研修

対話型イベントのつくり方を学ぶ講座に続いて、対話の場づくり講座を実施いたします!

対話型イベントは企画したものの、ちょっと違う…。
学校や職場で対話をしようとしているのに、雰囲気が悪い…。
そう感じる方も多いのではないでしょうか?
この講座は、そんな人にピッタリの講座になっています!

「対話がある場」は、運営も参加者も一体感があり、テーマから広がったり、深めたり、繋がりができたりとワクワクする場になっています。それが一時的な場ではなく、自分のいるコミュニティ、地域、福岡へと広がっていったら、魅力的なまちになるはずです。

今回は、場づくりといえば、この方!対話を中心にまちづくりを行っている山口覚さんをお呼びして2日にわたり実際にワークを通じ行っていきます。

イベント企画やファシリテーターといった場をつくったことのない方でも、実際にやったことのある人も深められる「場のつくり方」を一緒に学んでみませんか?

(学んだ方には、希望制ですが、オープニングイベントやクロージングイベントでスタッフとして場づくりを実践することもできます!)

【主催団体】
対話と学び学園祭実行委員会&福岡未来創造プラットフォーム(主管 福岡まなびラボ)


【開催日時】
日にち:10月18日(火)、20日(木) の2日間
(18日はオフライン、20日はオンラインにて開催)
時間:いずれも19時~21時まで
※2日間の連続講座です。両日ともご参加ください。

【会場】
オフライン会場:西南学院大学 西南学院百年館
※駐車場がないため公共交通機関でのお越しをお願いいたします。

オンライン会場:Zoom

【主たる講師・ファシリテーター】

山口 覚 氏(津屋崎ブランチLLP代表)

福津市津屋崎を拠点にまちおこし活動中。津屋崎での実験的まちおこしに賛同する小さなまちで活動する人々や、海外の人々とも交流を行い、「新しい価値観による暮らし方・働き方・つながり」を実現するべく様々な活動を行なっている。また、”人の営みの原点は対話である”という信念のもと、あらゆる分野に対話を広げる活動を行っている。

【参加費】
無料

【申込方法】
下記フォームより申し込みをお願いします。

【申込期限】
10月16日(日)正午まで

ふくおか対話と学び学園祭とは

福岡都市圏一円を一つの大学と見立てた「学園祭」で、あなたもイベントを企画してみませんか。「学園祭」は2022年11月の1か月間にわたり開催。この期間を「対話と学びMONTH」として、福岡都市圏で「学び」「人材」「対話」に関わる・関心をもつ個人・団体・企業・教育機関等がシンポジウム・セミナー・ワークショップ等の様々なイベントを各地で企画・開催します。

「学び」や「対話」に関わる・関心をもつ多様な主体が互いにつながり交わる機会をみんなで創り、「学び」の価値や「対話と学び」の素敵なマリアージュについて、みんなで考えてみたいと思います。なお、開催イベントは対面とオンラインのどちらでも、また大規模なものから10人未満の小規模なものまで自由です。

研修講座で対話の場づくりを学ぼう!

ふくおか対話と学び学園祭では、イベント企画やファシリテーター未経験者でも、「対話と学びMONTH」にご参加いただけるよう、今年度から研修講座をご用意いたしました!
来月にも同様の講座を準備中です。ぜひこの機会に、対話の森へと足を踏み出してみませんか?

特集記事

TOP